早くも東京ベースボールスクールは5回目を迎えUターン地点に差しかかりました。今日で鈴木野手コーチと川崎投手コーチによるレッスンが最後です。みんな教えてもらった事をコーチ陣の前で発揮できたかな!?
baseball-com3-208236

baseball-com3-208237

まずはいつも通り、投手組と野手組に分かれての基礎練習。しかし選手のみんなはいつもと表情が違いました。実は今日スクールが始まって初となる「投手vs打者」の「真剣勝負」を行ったのです。

普段は野球を愛する仲間同士ですが、この日は違いました。お世話になったコーチの前で結果を残そうと、投手は自分のベストボールで真っ向勝負を、打者は好球必打で対決に挑みました。
baseball-com3-208243

baseball-com3-208244

baseball-com3-208245

baseball-com3-208275

baseball-com3-208276

baseball-com3-208246

鈴木野手コーチ、川崎投手コーチも選手たちのパフォーマンスを釘入るようにチェック。 「よ~しそのボールだ!」 「もっとインパクトの瞬間を強く!」など、まるで試合中のような掛け声も飛び交いとても気迫あふれる「対戦」でした。
baseball-com3-208247

何やら今日はネット裏でこのようなコーチ2人の会話が目立ちました。
何を話していたのでしょうか。早くも将来有望な選手のスカウトかな??
baseball-com3-208248

対戦が終わった投手と野手はそれぞれ、コーチからアドバイスももらいました。
baseball-com3-208250

投手で気を付けなければならない事は、ボールの隠し方です。ブルペンでは打者を立たせずに投球しますが、試合中のマウンドでは打者との駆け引きになります。変化球を投げる際の癖はグローブの角度や表情などにも出てしまうもの。変化球の組み立てが増えてくる高校野球は癖がばれてしまうのは致命的であるため、川崎コーチは投手全員に親身になって指導していました。
baseball-com3-208251

打者は「選球眼」について指導されました。今回ピッチャーと対戦した事で、コーナーを厳しく責められたりと自分らしい打撃が出来なかった選手もいたようです。あらゆるコースや変化球に対応するにはタイミングはもちろんですが、ボールを見極める「選球眼」が大事だという事を学びました。自分が打つ時だけでなく、前の打者が打席に入っている時からピッチャーの投げる球筋などを把握しておけば、自分の狙うボールを絞れるようになります。
baseball-com3-208252

ブルペンとマウンドで合計100球近く投げ込んだピッチャー陣はクタクタ。後半は足腰に力が入らなかったり、握力が低下しボールが散らばってしまった投手もいました。まだまだ体が弱い証拠。投球後のトレーニングとして体幹を中心としたトレーニングを行いました。
baseball-com3-208253

簡単そうに見える腹筋トレーニングも骨盤を正しい位置に固定すると10回こなすのがやっと。みんな高橋トレーナーに教わった事を忘れずにしっかり続けよう!目標は正しいフォームで50回!
baseball-com3-208254

また体幹トレーニングはインナーマッスル用のチューブを活用したあらゆるメニューを組む事が出来ます。足首や両足に巻きつけたりすることで、野球選手に必要な「野球筋」を鍛える事ができるのです。
baseball-com3-208264

baseball-com3-208255

baseball-com3-208257

あれっ脚がぷるぷる震えちゃってるぞ!? 体幹を鍛えればスタミナが付いて今以上に良いボールが投げれるはず!頑張ろうね!


野手は渡辺コーチからゴロ捕球のコツを学びました。エラーを少なくするためにはグローブを先端を地面に付ける事。またグローブは上から下ではなく、後ろから前に出すことにより打球を後ろに逸らしてしまうリスクは減らす事ができます。これは内野手でも外野手でも同じです。
baseball-com3-208265

いい形だね!今のうちにエラーをしない基礎を身につけておこう!
baseball-com3-208266

育成プログラムではハイゴールドによる「グローブ・ケアセミナー」を行いました。古くなって紐が切れたり、革が弱くなってきたグローブをよみがえらせる「裏ワザ」を教えてもらいました。
baseball-com3-208267

まずは古くなったグローブの解体作業から。 なかなか自分で紐をほどいたりはしないので、みんな恐る恐るグローブに「メス」を入れていきます。
baseball-com3-208268

紐を解いたら、補給面の内側にある2枚の革を張り合わせる「グリス」という接着剤のようなものを塗り替える作業を行います。グローブを使うごとにグリスが革に浸透し始め、しだいに消えていきます。グリスが無くなってしまうと革が歪んできてやがてシワがよりはじめ、破れたり、形が変わってきてしまうのです。

グローブはいろんなパーツが集まってできているんですね。
baseball-com3-208270

baseball-com3-208271

ほとんどの選手はこの時点でグローブを買い替えてしまいますが、まだまだ使えるのです。グリスを塗りなおすだけで、新品グローブのような捕球感覚が得られ、革の質も生き返ります。
baseball-com3-208269

仕上げはグリスを塗った箇所を叩き、革を合わせる作業です。
baseball-com3-208272

みんな野球選手でありながら、今日に限ってはグローブ職人の体験が出来たね! このセミナーを通じて、いつも当たり前のように使って、そしてお父さんやお母さんに買ってもらっている道具の大切さを改めて感じたのではないでしょうか。 大事な野球道具はしっかり手入れをして恋人のように(!?)愛情を注いであげて長く使いましょう!


今日の5回目のレッスンで鈴木健コーチ、川崎憲次郎コーチともお別れです。

いつかはコーチと同じようなユニフォームを着てプロ野球の世界で活躍出来るように頑張りましょう!鈴木コーチ、川崎コーチありがとうございました!
baseball-com3-208273

baseball-com3-208274

来週からは松岡投手コーチと屋鋪コーチのレッスンが開始です!

両コーチとも厳しいぞ~~ みんな気合いを入れて行きましょう!